スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はて・・・?

 さて、ものすごい間があきました。忙しかったという言い訳と、飽きたという本音を織り交ぜながら、また筆を取ることを選びました。さし当たっては近況報告。

 と言っても仰々しいこともないんですが、とにかく大学が忙しく正直寝る暇もなかったと言いますか。とにかくもうため息もついていられないところです。教職志望なもので。

 このタイミングでブログの更新に意図は全くありません。時間ができたのと、ブログの存在を思い出したのと、パスワードを思い出したからです。そんなもんですよ。

 一応、まだ彼女とも続いて(?)います。という言い方なのも、全く会えないのは変わらず、連絡もそこまで頻繁に出来ないから、もしかしたら一方通行なのかもしれない・・・とビクビクしているからです。偉そうなこと言うようですが、僕はもう未来に追われる歳になってしまいました。ですが、彼女はまだ未来を追う歳であるので。連絡がある度に嬉しくも不安になります。そのことを少しでも仄めかしてしまうと怒られます。今まで良くも悪くも恋愛というものに触れてきて、結果別れているのだから悪いのかも知れないが、少し不信な部分が自分にはあるのです。その度に一緒にしないでと言われています。愛されているのだろう。。。と思いたいです。

 最近、また執筆を始めました。やはり飽き症な僕なのでチマチマですが、それでも一つくらい完結させてみようと意気込む頑張っております。


 さて、そろそろここらへんで。暑いような涼しいような変な夏が始まります。
 お茶飲もう。
スポンサーサイト

青春

 まぁ、この通りオタクなもんで。色々ゲームをやったりもします。カードだけじゃなくね。最近は本職である遊戯王とヴァイス・シュヴァルツの熱が高く、サブのゼクスがもりもり巻き返してきているって感じですね。遊ぶ相手に合わせて変えてるだけですが。

 今日はちょっと感想。PCゲーム「この大空に翼をひろげて」の一人を攻略した所での、この言い表せない慟哭を伝えたくて、忘れたくなくて。

 物語は、帰郷した主人公が幼馴染や寮制の人と、天才の超留年生を含めグライダーで空の気象現象「モーニング・グローリー」を『渡る』という部活系学園ADVです。
 
 自転車競技に青春を燃やしていた主人公が、レース中に事故にあいレースに出ることが不可能になってしまった。そこで、帰郷も兼ねて不動産屋の母の伝で故郷に有る学校の寮で仮の寮母を担う、という所からゲームが始まります。まぁ、そこが女子寮だったり、色々ハプニングがありながらも過ごしていくというなんとも羨ましい。

 前文にも書いたとおり、主人公はグライダーと出逢い、大空に翼を広げます。そこには幾つもの高い壁や、無理難題が降りかかります。でもめげず、夢を、モーニング・グローリー=空の回廊を渡る事を一直線に突っ走る。プレイしている途中、何回も「おぉ!」とか思ったりしました。なんて言うか、僕は高校時代同じように部活に駆けていた部分があったのですが、すごく羨ましくなりました。同時に、高校時代を振り返ってすごく後悔に包まれました。

 そんなこんな色々な感情を抱きながら、無事一人終了。

 個人的には、鳥肌モノ。いい意味で。シュタゲ以来しょうか、こんなにドキがムネムネしたのは。

 でも、琴線には引っかからなかった。
 どうも、僕はこういうゲームで相当気に入らなければ一人攻略したら積んじゃうんです。マジ恋やシュタゲ、鬼ごっこ、H2Oくらいしかまだキテません。何か良いゲーム、おすすめが有りましたら教えて下さい!

では、ここらへんで

今日から春休みん

 はい、今日から春休みです。そろそろ免許取ろうかなとか思ってるから、それが目標。

 ちょっと話したけど、彼女が居ます。少し距離があります。中距離恋愛とでもいいましょうか。今までの僕は近くにいて当たり前のスタンスが有ったため、それが理由で別れた人も居ました。恥ずかしい限りだけどね。でも今は、この距離が少し好きになってきてる。僕が追うのは出来る。簡単なこと。でも追われたことがなかったのですごく新鮮。

 毎日電話出来るわけでもないし、ましてや会うことは本当に無い。コレは少し悲しいけど、お互いの予定が本当にあわなくて、仕方ないよね状態。でも、だからこそ一回の電話がすごく楽しみで、待ち遠しい。電話のたびに一生懸命話したかったことを話してくれる彼女が愛おしくてたまらない。なんか、小動物みたいな愛らしさが有るんだよね。

 はい、惚気たよ。

 毎日を怠惰に行き過ぎた。来期は本当に怠けてられない。教育実習が待ち構えてる。体も絞らなきゃ、本当に頑張らなきゃいけない年が来た。

 そんな感じで筆を置きます。

成人式、終えて

 今年の、と言うかH4に生まれた人は不幸の星に好かれているのでしょうか。成人式の日に大雪とはこれ如何に。そんな中僕は前日の14日に成人式でしたよ。快晴。今でこそ意地悪な空に苦笑いです。大雪の前が春先の暖かさで晴れていたんですもの・・・。

 本当に久しぶりに会う友人や、つい前日までお酒飲んでいた友人も、その場にそのメンツが集まるということが懐かしさをより一層深ませてくれました。実に6年ぶりの再会が基本、長い友人なんかは8年ぶりの再会になりました。本当に月日の流れの速さを痛感しました。だって、すでに母になっている同級生も居たんですから。赤ちゃん、可愛かったな・・・。そんな中ほぼ惰性に近い気持ちで大学生をやっている自分が恥ずかしかったり、でもそんなのすぐに忘れるくらいにはしゃいだんですけどね。本当に懐かしかった。最初は行くか迷っていたけれど、行って大正解と言うか、行かなかったら後悔が半端無かったと思います。

 良く「いじめられていた方はずっと覚えているが、いじめていた方は『そんなこともあったね』という」と聞いていましたが、本当だね。誰もが皆期待を裏切らず「あったね」で、むしろ「そうだっけ?」の方が多かった気もします。本当に勝手ですね。まぁ、ここまで覚えていた僕も勝手なんですけどね。つまり「そんなもの」なんですよね。それよりも再会や名前のほうが覚えが強くって、どうでもいい情報は基本的には埋められちゃうんですよね。いつまでも覚えていた自分のほうが恥ずかしくなりました。

 結論、皆いいやつで、優しく、ちょっと個性が強いひとが多い、僕の友人たちでしたよ。変わらず。


 さて、テスト週間に入るわけで・・・。あんまり更新していたわけではないけど小休憩。
 
 ではまたいつか

何かを得るためには~・・・

 コレは日記ではなく、思ったことをつらつら書こうと思います。

 僕は、小説にしろアニメにしろゲームにしろ『何かを失う物語』に弱く、又好きなんですが、そのたびに涙を流し、その物語が終わることにも涙し、物語に出会えたことに感涙します。いや、少し大げさに言ってますが。果たして、いざ自分が何かを失う立場になったら、それを事前に知っており、期間が残されているとしたら、僕は何が出来るのだろう。そう考えます。ですが、僕は主人公でも無く、ましてや特別な力が有るわけでもない普通の学生なわけで、きっと、僕は動くことができなくなってしまう、その事柄に絶望して立ち止まると思います。

 人、関係、建物、小物、いろいろな物が今の僕を構成していて、きっとそれが1つでもなくなってしまうと僕は崩壊に近い崩れ方をすると思います。

 子どものころ、仲の良い友達と一生懸命に秘密基地を作りました。今思えば、秘密基地とは名ばかりで、段ボールで囲っていただけのもの。でも、それでもその時の僕らには宝物でした。学校から帰ったら基地に集合!と決め、駆け足で帰り誰が一番着かを競ったり、「良い子は帰りましょう」の鐘がなってもちょっと遅くまで基地で遊んだり、怒られてもまた遅くまで残ることにわくわくしました。そんな基地が、雨風に晒されて壊れてしまった。段ボールで作ったものなのだから壊れるのは目に見えていたのですが、あの頃の僕らは秘密基地が壊れてしまったことが本当に悲しかった。泣いて、しょぼくれて、崩壊を悲しみました。今、こうして思い出に昇華し懐かしみながら思い出しています。きっとあの秘密基地は僕らにとって一生物の価値があったのです。この思い出がその証拠だと思います。

 今僕は生きています。あの時、コレがなくなったら死んでしまう、世界が終わると思っていても、無情か温情かこうして時間は進んで、傷を消そうとします。僕は、それでもいいんじゃないかと思います。あの時に流した涙は、今こうして笑顔のもとになっていると思うからです。

 まとまりがないところまでが僕の頭の中だっていうことで、筆を置きます。
プロフィール

美香和味

Author:美香和味
名ばかりの大学生をやってます。カードゲームが好きな、ヲタとオタの間くらいに位置づけされてます。本命は遊戯王・ヴァンガード・ヴァイスシュヴァルツ。最近はChaos復帰勢になりたいと思ってる。
中高と吹奏楽部だったので、まだ楽器に未練があります。たまに吹きます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。